企業のリサイクル活動についてまとめたサイト

ファストフードのリサイクル活動について

マクドナルドのリサイクル活動

「食品産業もったいない大賞」を2年連続で受賞ほど、マクドナルドは環境活動に積極的に取り組んでいるのが特徴です。
例えば作り置きをせず、お客さんから注文を頂いた際にバーガー類を調理する「メイド・フォー・ユー」という廃棄物削減のシステムがあり、出来立てのハンバーガーが食べられるのもこれがあるおかげだと思います。しかしどうしても出てしまう廃棄物は、地域ごとに最適な方法でリサイクルをしています。

そしてお客さんの見えるところでも「ハッピーセットのおもちゃリサイクルプロジェクト」と呼ばれる活躍も行っています。参加方法はとても簡単でマクドナルドの近くに置いている「おもちゃ回収BOX」に入れるだけ。ちなみに春休みや夏休み、冬休みに開催しているそうなので、遊ばなくなったおもちゃをリサイクルしてみるのもいいかもしれません。

モスバーガーのリサイクル活動

モスバーガーは創業当初からお客さんに食べ物をおいしく召し上がっていただくため、リユース食器で商品を提供しているのが特徴です。例えば飲み物でコーヒーだとマグカップで、ジュース系はグラスだったりします。また店舗から1日に出る食品廃棄物は「調理くず」と「廃食油」でありますが、排出量は比較的に少ないです。それらは飼料化や工業原料(廃食油のみ)などにしてリサイクルをしています。

そしてマクドナルドと同じくこちらも作りおきは一切せず「アフターオーダー方式」を採用しています。そのためお客さんには出来立てのハンバーガーを提供しているのです。
またセカンドハーベスト・ジャパンによる「フードバンク活動」の食品サポーターとしても支援おり、より安全性が保証された食料を、生活困窮者などに供給する活動を展開しています。


TOPへ戻る